土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    8件
  • 検索対象:
    建築士用語集
    検索カテゴリ:
    建築構造
  • 釘接合

    (クギセツゴウ)

    「釘接合」とは、建築物において、釘を使って部材と部材を継ぎ合わせることを言う。特に指定がなければ、通常は材厚に対して2.5倍以上の長さがある釘を使用し、力のかかる方向に対して直角に打ち込む。打ち込んだ釘は木材に密着しているため、ボルト接合やドリフトピン接合に比べて初期剛性が高い。あえて斜めに釘を打ち込んだり、継ぎ目に木工用の接着剤を塗ったりすると、さらに接合力を高めることができる。木材に下穴をあける必要がないので、木材の強度を保ち、高強度の壁や床を作ることが可能。しかし、釘を打ち込むときに釘頭がボード類にめり込んでしまうと破壊してしまうことがあるので、十分な厚さのボード類を使用しなければならない。

  • 小屋組

    (コヤグミ)

    「小屋組」とは、住宅などの建物の、屋根部分の骨組みをさす。「小屋組」は、屋根荷重を支え、柱へ伝える役割を持つ。伝統工法を受け継いだ和小屋と、西欧建築を取り入れた洋小屋に大別される。和小屋は設計自由度が高く、多くの在来工法住宅に用いられ、主に折置組・京呂組の二つがある。折置組は強度に優れるゆえに加工に時間がかかることから、あまり用いられなくなっている。京呂組は加工が容易な反面、接合が弱いため金物での補強が必要。洋小屋は強度に優れることから、大きな屋根空間を構築するのに適している。部材を平面で三角形に組むことで(平面トラス)、梁間を広くでき、強度上必要な柱の数が減らせることから、和小屋よりも部屋・屋根裏を広くできる。

  • 接合金物

    (セツゴウカナモノ)

    「接合金物」とは、接合する際に用いるクギ、ネジ、ボルト、ナットなどのこと。木造の継手、仕口部で接合部の補強や材の脱落防止として使われる。「補強金物」や「構造金物」とも呼ぶ。プランや耐力壁の位置などを考慮して最適な接合金物が使い分けられる。継手に付ける補強金物、仕口の接合金物、軸組の柱にある柱頭や柱脚に付ける補強金物、耐力壁の筋かい端部の接合金物と言った物が一般的。また、具体的な接合金物としては、以下の物が挙げられる。L字型のかど金物、T字型のかど金物、羽子板ボルト、山形プレート、ホールダウン金物、短冊金物。他にも、ひら金物、ひねり金物、かね折り金物、くら金物、火打金物、柱脚金物、筋かいプレート、かすがいと言った物がある。

  • 耐力壁

    (タイリョクヘキ)

    耐力壁とは、建物の横側からかかる力を支える壁のことで、建物の構造上、重要なものである。建物の横側からかかる代表的な力が、地震の横揺れや強い風圧などだ。建物は上下からかかる力には、柱による支えによって比較的強度があるが、横からの圧力には弱い。そのような力を十分支えるために、構造計算によって必要な箇所に耐力壁を設置する。木造建築の場合は、筋かいを入れた壁が耐力壁だ。鉄筋コンクリート造や2×4工法などでは、構造用合板などを使った面材と呼ばれる、広い面で加圧に耐える耐震壁がある。耐震壁の構造については、建築基準法第46条などにより詳しく規定。所定の方法で構造計算を行ない、釘の種類から打つ釘の間隔まで細かく指定がある。

  • (ハシラ)

    「柱」とは、床屋根などの上部荷重を土台に伝える直線状の棒材のことである。軸方向に作用する荷重に抵抗する棒材を柱、軸に直交する方向に作用する荷重に抵抗する棒材を梁と言う。2階建の建築物では、1本の材を用いる「通し柱」と、各階に設ける「管柱」があり、2階建ての隅柱は通し柱としなければならない。柱は、建築物の重量や、横架材相互間の垂直距離に応じて太くする必要があるが、それぞれ柱の太さの最小値は建築基準法で規定されており、構造計算によって決定する。また、もし柱の所要断面積の3分の1以上を欠き取る場合は、その部分の補強が必要。柱はその用途や設置されている場所によって、床柱、門柱、大黒柱など名称が異なる。

  • (ハリ)

    「梁」とは、建物の建設時に使用する構造材のこと。柱の上に棟木と垂直する方向に渡した部材で、上からの荷重を支える。棟木と垂直する梁に対して、棟木と並行する部材は桁と呼ばれる。「梁」に用いられる樹種には松や杉が多く、かつては曲がった松の丸太が使われ、その弓を張ったような形状から「張り」と呼ばれたが、後代になって「梁」という字が充てられたと言われている。「梁」は建物の様々な部位に使われており、それだけに固有の名称が数多く存在する。例えば、柱と柱で支えられる「梁」は大梁、大梁に支えられている「梁」は小梁、屋根を支える「梁」は小屋梁で、床を支える「梁」は床梁である。小屋梁のうち、もっとも外側にある「梁」は、妻側にあることから妻梁と言う。

    梁
  • 枠組壁工法

    (ワクグミカベコウホウ)

    枠組壁工法とは、規格木材でつくられた枠組みと壁・床・屋根などの構造用合板を打ち付けて、建物全体の荷重を箱のような構造で支える工法のこと。2つの要素から成り立っていて、ひとつは基礎を含めたスケルトンとよばれる構造躯体(くたい)と、もうひとつは設備や仕上げ、間仕切り壁などのインフィルと呼ばれる要素。枠組壁工法は、枠組みに用いられる製材が、厚さ2インチ、幅4インチであることが多いことから、一般にツーバイフォー(2×4)工法の名称で知られているが、2インチ×6インチの木材を用いるツーバイシックス(2×6)工法も、この工法に含まれる。枠組壁工法は、柱のない広い空間を確保でき、耐久性や耐震性、断熱性、気密性にも優れることが特徴。一方で開口部を広げることや、増築・改築をすることが難しい等の制約もある。

  • 和小屋組

    (ワゴヤグミ)

    「和小屋組」とは、梁と束による小屋組であり、日本の伝統的な木造軸組工法のひとつ。まず柱と柱の空間に小屋梁をかける。そこに母屋、束、棟木、垂木、野地板を組み立てることで小屋梁が小屋組のすべての荷重を支えると言う構造。屋根荷重を支え、柱に伝え、軸組と一体となり、外力に抵抗。屋根は雨水の侵入を防ぐため、勾配が付けられる。住宅で仕切りが多く、梁間が小さい物に使われる工法で、増改築が容易であるのが利点。第二次世界大戦以前から行なわれている、日本古来の工法である「伝統工法」や、第二次世界大戦後の技術革新で生まれた、木造建築物の工法である「在来工法」の木造建築などで使用される。和小屋組に対して「洋式小屋組」があるが、これはトラスと言う三角形の集合体でできている。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(建築士用語集)のカテゴリ検索「建築構造」キーワード「木構造」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業