土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    8件
  • 検索対象:
    建築士用語集
    検索カテゴリ:
    建築構造
  • 壁式鉄筋コンクリート造

    (カベシキテッキンコンクリートゾウ)

    「壁式鉄筋コンクリート造」とは、鉄筋コンクリート構造の構造形式のひとつである。壁式構造とは、柱型がなく、ひとつひとつの壁が柱となって床版を支える構造のこと。つまり壁式鉄筋コンクリート造とは、柱型はなく、「耐力壁」と「床スラブ」、「屋根スラブ」で構成した構造のことを言う。室内に柱型や梁型が見えないので、すっきりとしたインテリア空間を実現できるのが特徴となる。壁式鉄筋コンクリート造で建築の計画をたてる際には、壁厚さと壁長と壁量に規定があるので、十分注意しなければならない。また、建物の隅角部や壁交差部は、L形やT形、あるいは十字形に体力壁を配置するようにし、できるだけ開口を設けない方が望ましい。

  • 基礎構造

    (キソコウゾウ)

    「基礎構造」とは、上部構造からの荷重を地盤に伝える下部構造の総称のことであり、「独立基礎」「布基礎」「ベタ基礎」などがある。多くの一般住宅では、建築場所の地盤調査の結果で、布基礎かベタ基礎を選択。布基礎は、地盤の強さや耐久性に問題がないときに採用される。建物の外周部分と間仕切り部分にのみ、逆T字の鉄筋コンクリートで基礎を作るため、工期と工事費用を抑えることが可能。それに対して、ベタ基礎は、床下を全面鉄筋コンクリートで覆ってしまうため、布基礎より頑丈に仕上げることができるが、コストや時間がかかる。しかし、布基礎は床下に防湿コンクリートを敷設することも多く、木造住宅の多くがベタ基礎を採用している。

  • 杭基礎

    (クイキソ)

    「杭基礎」とは、コンクリート製などの杭を地中に打ち込み、建物を支える手法のことである。「杭基礎」は、支持方式によって摩擦杭と支持杭とに分けられる。摩擦杭は、数m程度の杭を多数打ち込み、杭と地盤の摩擦で建物を支える方法で、比較的安定した地盤や、4階建て程度までの小規模な建物の場合に採用。支持杭は、支持層となる固い地盤まで杭を打ち込む方法で、鉄筋コンクリート造のマンションなど重量のある建築物や、地盤が軟弱で、支持層となる頑丈な地盤が深部にある場合に採用される。杭基礎に用いられる杭には、鋼管やコンクリート杭、合成杭などの種類があり、また、杭を打ち込む工法には、工場生産の杭を打ち込む既製杭工法と、掘削したボーリング孔にコンクリートを流し込む場所打ち杭工法が存在する。

  • 空洞コンクリートブロック

    (クウドウコンクリートブロック)

    「空洞コンクリートブロック」とは、空洞を持つコンクリートブロックのことである。建築用のコンクリートブロックには、空洞ブロックと型枠状ブロックがあるが、建築の分野で使用されるのは空洞コンクリートブロック。空洞コンクリートブロックは、軽量化や補強鉄筋の挿入などを目的として使用され、基本型、横型、隅型、横隅型といった形状がある。主な用途は、塀や建物の壁、ガーデニングの台や物置の基礎など。多くの場所で使われているブロックだが、浸入した雨水が凍結や膨張をすることにより破損を引き起こすことがあるので、ブロックの接合部分や空洞部分にモルタルを充填するなどして、水の浸入を防ぐことが重要となる。

  • 直接基礎

    (チョクセツキソ)

    「直接基礎」とは、建物の荷重を支持地盤へ直接的に伝える基礎のこと。通常はフーチング基礎やベタ基礎の部分と、その下の支持地盤のことを指す。施工法の種類としては基盤をそのまま用いる以外にも、のり切りや土留めを行ない支持地盤まで掘削する、地盤改良を行なう、人工岩盤を築造するなどの方法がある。直接基礎の支持地盤は、岩盤、礫層など良質な支持層が浅層にあり、その層の厚さと支持力が十分であることが重要。なおかつ、予想沈下量が基礎及び上部構造物に有害ではない場合に用いられる。これらは地盤条件、施工条件、上部構造物の特性、近接する構造物や埋設物の状況、環境要件、工期、経済性、安全性などの条件によって選定される。

  • プレストレストコンクリート構造

    (プレストレストコンクリートコウゾウ)

    「プレストレストコンクリート構造」とは、プレストレストコンクリートのパネル(PC版)を組み合わせて建物を構成する構造。引張力に耐えるハイテンションボルトで接合し、その隙間にモルタルを補充して一体構造とするのが特徴。PCと略称で呼ばれることが多い。プレストレストコンクリートは、鉄筋コンクリートに比べひび割れしにくく水密性に優れている。この高い耐久性を生かした、大スパン架構や、積載荷重が大きい建築物に適している。また、階数が多いほど軒高を低く抑えることができるので、高さ制限のある地域などでの建築に有効。鉄筋コンクリート(RC)とプレストレストコンクリート(PC)の中間に位置するPRC構造なる物も存在する。

  • 補強コンクリートブロック構造

    (ホキョウコンクリートブロックコウゾウ)

    「補強コンクリートブロック構造」とは、コンクリートブロックの空洞に鉄筋を挿入し、モルタルを充填した耐力壁で構成した構造である。空洞部が多いため、鉄筋コンクリート構造と比べて断熱性に優れ、工期が短いのが特徴。補強コンクリートブロック造を併用した建物、ならびに補強コンクリートブロック造の塀について、建築基準法にて構造規定が設けられている。ブロック塀は高さ2.2m以下で、一定の間隔で控え壁を設ける。補強コンクリートブロック造に用いるブロックは空洞コンクリートブロックで、「JIS A 5406」によって定められている。ブロック単体の強度によりA種、B種、C種の区別があり、建てられる階数や高さにも制限がある。

  • 木質構造

    (モクシツコウゾウ)

    「木質構造」とは、製材あるいは木質材料を用いて主要構造部を作る構造。「在来木造」(軸組構法)、「木質プレハブ」(パネル構法)、「枠組壁工法」(ツーバイフォー)、「丸太組構法」の総称である。木構造、いわゆる木造建築は、木材の他に合板や集成材などの木質系材料により構成されている。「木質構造」の名称の由来であり、木質構造の第一人者である杉山英男によって名付けられた。構造を考えた木造として木質構造ということが多い。他の材料に比べて軽量で加工や組み立てがしやすいが、曲げ、圧縮、引っぱり、せん断の順に弱くなる。また、材料を比較的入手しやすく、断熱性が高いなどの利点がある一方、燃えやすく、木材の中に含まれる水分変化により変形しやすい。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(建築士用語集)のカテゴリ検索「建築構造」キーワード「その他の構造」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業