土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    4件
  • 検索対象:
    建築用語集

「よ」からはじまる用語

  • 容積率

    (ヨウセキリツ)

    容積率とは、建物の延べ床面積の敷地面積に対する割合のことである。 容積率の上限は都市計画によって用途地域ごとに定められており、その容積率を超えた建物を建てることはできない。例えば、容積率200%の地域においては、面積100㎡の土地に建築できる建物の延べ床面積の上限は100平方㎡×2で、200㎡ということに。ただし、敷地に接している前面道路が12m未満の場合は、その幅員によって容積率が制限される場合もある。建築基準法において、容積率は住宅地では50?500%、商業地では200?1300%と定められているが、都市計画法などに基づき、特例容積率適用地区の制度など、容積率を緩和する制度も設けられている。

    容積率
  • 用途地域制度

    (ヨウトチイキセイド)

    用途地域制度とは、都市計画法によって定められた制度のことで、都市部における地域を何の用途で使用するかを適正に区分し、用途別に建ぺい率や容積率、敷地面積に制限を設けたもの。用途地域には住宅系地域、商業系地域、工業系地域と大まかに分類され、それぞれに細かな設定が行なわれる。例に挙げると住宅系地域である第一種住居地域は住宅地のための地域と定められており、スーパーなどの大規模な店舗や事務所などの立地は共同住宅と同じく、建ぺい率が60%、容積率が200・300・400%と制限されている。建物の規模を制限することにより、都市部を計画的に市街化させると言う目的で定められた用途地域制度に対して、市街化を抑制すべき区域のことを「市街化調整区域」と言う。

  • 寄棟屋根

    (ヨセムネヤネ)

    屋根形式のひとつ。棟を持ち、棟を中心に四方に勾配屋根を持つものを言い、長方形の平面形状を持つ建物に多く用いられている。
    妻面がなく四方に軒が回るので、建物の内へ雨水が浸入するのを防ぐことができるが、小屋裏の換気には工夫が必要。

  • 予定価格

    (ヨテイカカク)

    主に工事などで入札する前に発注者が予定している価格。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(建築用語集)の50音検索「よ」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業