土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    21件 [1~10件を表示]
  • 検索対象:
    不動産用語集
  • マーケット・シェア

    (マーケットシェア)

    マーケット・シェアとは、同じジャンル内で複数の企業もしくは複数のブランドが、どれだけの販売枠を持っているかをパーセントで示した数値。市場構造を判断する大切な材料となり、企業のマーケティング部はマーケット・シェアの獲得をめぐりあらゆる営業戦略を立てている。ジャンルによっては一社独占的なマーケット・シェアを持つ市場も。大手企業だけのパーセントを抽出したものや特定エリアだけのデータを抽出したものなど、マーケット・シェアは用途によって使い分けられる。世界的なシェアを調査する場合や市場の範囲が広くなるほどデータ収集は困難になるので、マーケット・シェアを取りまとめることを業務としている市場調査会社がいくつもある。

  • マーケット・プライス

    (マーケットプライス)

    マーケット・プライスとは市場価格のこと。新製品を作ったときに、一体いくらで売りだしたら良いのか企業は悩むことになるが、その際にマーケット・プライスを意識することは大変重要だ。例えば他社が軒並み5000万円台で販売している同じ地域の不動産を1億円で売ることは、マーケット・プライス的にはとても困難であり、逆に他社が10万で販売している商品と同様の機能を持っている製品を1万円で販売すれば、センセーショナルを巻き起こすことは間違いないと予測できる。マーケット・プライスの策定はすでに販売されている既存の商品価格を参考にする場合や、購入者層へのアンケートなどのマーケティングリサーチにより行なわれる。

  • マーケティング

    (マーケティング)

    マーケティングとはビジネスの世界で様々な意味を持って使われる言葉であるが、主に広告宣伝に関する業務全般について用いられることが多い。多くの企業にはマーケティングを専門的に扱う部署があり、そこでは顧客となる層はどこにいるのか、その層に訴えかけるにはどのようなメディアを利用したら良いか、そのためには費用をどれくらいかけたら良いかなどを戦略的に考える業務を行なっている。このように、市場のリサーチとデータ分析、それに見合った広告宣伝を企画し実施することを、マーケティング戦略と言う。テレビや雑誌、ラジオがその中心媒体であるが、インターネットの普及により、遠隔地にいる顧客にも簡単に商品を訴えることができるようになった。

  • マーケティングアナリシス

    (マーケティングアナリシス)

    マーケティングアナリシス(marketing analysis)とは、「マーケティング解析」という意味である。アナリシスはビジネスアナリシス、ナノアナリシスなど、様々な分野において、詳細なデータ解析という意味で使われるが、極めて多様で専門的な解析をする場合に使われる。企業から見てマーケティングアナリシスを専門に行なう会社は外部のプロ集団であると言う認識が強く、この業務を専門に行なう人物をデータアナリストと言う。自社のマーケティング部門ではまかなえないような大規模のデータ解析や、逆に細分化された解析を行なう場合に利用され、データアナリストによるマーケティングのデータ分析についてのセミナ―なども多く開催されている。

  • マーケティングリサーチ

    (マーケティングリサーチ)

    マーケティングリサーチとは、企業が製品の企画、販売に関して購買層に対して調査を行なうこと。「新しい市場を作り上げること」、「すでに確立している市場に参入すること」、「販売ラインを拡大すること」を主な目的として調査は行なわれる。その手段はアンケートや座談会、試供品配布などの対面方式や電話、郵便、インターネットを用いた遠隔方法など様々。調査結果をもとにマーケティング戦略が決定。マーケティングリサーチが行なわれることで企業は製品の機能向上についての方向性を決定することができ、顧客側は自分が利用したいサービスや購入したい商品を効率良く知ることができる。そのため、企業側、顧客側双方にメリットがある。

  • マーチャンダイジング

    (マーチャンダイジング)

    マーチャンダイジングとは、適切な時期に適切な量の商品を、適切な価格で売れるようにコントロールすることである。単純な仕入れ、販売だけでなく広告宣伝や商品開発もかねているため、マーケティングの一環として扱われる。具体的には商品の仕入れや在庫管理、価格帯や売り場などをマーケティングに基づいたデータによって決定し、販売効率を上げるための戦略を立て、常時動向を分析していく。データ解析は実際に人の目で見て確認するのが基本だが、定形商品についてはITを導入し、気温や市場動向等の条件変化によって自動的に販売動向や仕入れを計算している。マーチャンダイジングにITソフトを利用している企業も多くみられる。

  • 埋蔵文化財

    (マイゾウブンカザイ)

    埋蔵文化財とは、土地に埋蔵されている文化財のこと。埋蔵文化財は、住居跡や貝塚といった生活の痕跡である遺構と、土器や石器といった道具類などの遺跡の2種類。埋蔵文化財の存在が知られている土地は、「周知の埋蔵文化財包蔵地」と言われ、全国で約46万ヵ所ある。「周知の埋蔵文化財包蔵地」で土木工事等を行なう際には、文化財保護法に基づいて都道府県・政令指定都市等の教育委員会に事前の届け出が求められる。また、新たに遺跡発掘調査を行なう際にも、事前の届け出が必要。土木工事等、開発事業の届け出があった場合、各教育委員会はその取り扱いについて決め、やむを得ず遺跡の保存ができない場合は、事前発掘調査により遺跡内容の記録を保存する。調査費の負担は原則、事業者に協力を要請する。

  • 間貸し

    (マガシ)

    賃借権であっても、構造上独立した一個の建物の全部を目的とするのではなく、その一部のみを目的とする場合を間貸しと言う。したがって、借家法の適用はなく、その利用権を借家権と呼ぶことはできない。別名、下宿とも言う。この場合、所得は不動産所得になる。食事を提供すると事業所得または雑所得となる。

  • 窓先空地

    (マドサキクウチ)

    窓先空地とは、住宅密集地などにマンションやアパートなどの集合住宅を建てる場合、火災発生時などの安全な避難路を設け、採光や通風の確保を目的として、1階住居の窓に面したところに設けられる幅数mの空地のこと。窓先空地制度は、人口が密集している東京都や神奈川県横浜市の一部の自治体のみが実施している。厳しい窓先空地制度を実施している東京都では、東京都建築安全条例第19条に基づいて、住戸の床面積の合計に応じ、1.5〜4mの窓先空地を設けなければならない。ただし、窓が道路や敷地内通路に面していれば、それらを窓先空地とみなすことができる。東京都の場合、公園は窓先空地とは認められていないが、横浜市では認められているなど、制度を実施している自治体によって、その内容に違いがある。

  • 間取り

    (マドリ)

    「間取り」とは、住宅の部屋の配置や区画のこと。不動産広告では、リビング(L)・ダイニング(D)・キッチン(K)と部屋の数を合わせて、2LDKなどと表記する。部屋の「間取り」を上から俯瞰した図を間取図と言い、物件を知る基本的な情報のひとつだ。基本的に数字の数が大きくなるほど、全体の専有スペースが広くなるが、ワンフロアを大きく摂っている物件も多く、1LDKが2LDKよりも専有面積が広いというケースも。また、居住スペースではない空間としてウォークインクローゼット(WC)や、サービスルーム(S)、トランクルーム(

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(不動産用語集)の50音検索「ま」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業