土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    3件
  • 検索対象:
    不動産用語集

「む」からはじまる用語

  • 無指定

    (ムシテイ)

    無指定とは、都市計画区域内で用途地域が指定されていない区域や、区域区分が指定されていない地域のこと。都市計画区域には、線引き区域と非線引き区域の2種類がある。さらに、線引き区域は市街化区域と市街化調整区域に分かれ、非線引き区域は用途用地指定地区と用途地区無指定地区(白地地域)に分かれる。このうち、市街化調整区域と非線引き区域が無指定だ。なお、都市計画区域外にある土地を無指定と呼ぶこともある。無指定の土地には、家を建てることは可能だが、それが非線引き区域の場合、地方自治体の条例によって制限が設けられている場合も。また市街化調整区域の場合は、開発許可が必要などの制限がある。都市計画区域外では、水道やガスなどの生活インフラが未整備で、自分で整備をしなければならない場合もある。

  • 無断転貸

    (ムダンテンチン)

    不動産の賃借人が賃借人の承諾をえないで、第三者(転貸人)に対し、その一部または全部を使用収益させることを言う。民法では無断転貸が行なわれると、これを理由に契約解除ができる。しかし、非訟事件により、賃貸人の承諾に代わる裁判所の許可を求められることもあるので注意を要する。

  • 棟上げ

    (ムネアゲ)

    棟上げとは、木造住宅を建築する際に、基礎や柱、梁の施工が完了したあとに、屋根頂上の水平な木材である棟を上げることで、上棟とも言う。その際に上棟式という儀式を行なうが、この儀式のことを棟上げと呼ぶこともある。上棟式は、棟上げまで工事が進んだことへの感謝と、そのあとの工事の無事を祈る儀式で、神式、仏式いずれかの様式で行なわれることが多い。棟上げは同時に、大工や棟梁へのねぎらいや近所へのお披露目などの意味もあり、餅まきをしたり、関係者へ酒席を設けたりと、地域によっては祭りのように盛大に行なわれるところもある。棟上げは、基礎や柱や梁、筋かいといった、家の構造として重要な箇所を検査できる良い機会でもある。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(不動産用語集)の50音検索「む」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業