土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    27件 [1~10件を表示]
  • 検索対象:
    不動産用語集
  • リーシング

    (リーシング)

    リーシングとは、一般的にはリース業務や賃借のことを指す。不動産業界においては、賃貸の不動産物件に対してテナント付けを行ない、物件の稼働率を高める仲介業務を行なうことを意味する。リーシングは賃貸借取引の仲介だけでなく、店舗・事務所の立地動向調査(マーケティング)、テナントの構成や賃貸条件の設計・調整など、賃貸収益性を確保するためのサービス業務も含む仕事である。なお、リーシングと似た業務として「プロパティマネジメント」があり、リーシングは不動産仲介に重点を置いた業務であるが、これに対してプロパティマネジメントは不動産の管理・運営に重点を置いた業務。しかし、両者には重なる部分も少なくない。

  • リース契約

    (リースケイヤク)

    リース契約とは、貸主が特定の人物に対して長期間にわたり土地や建物を使用する権利を与え、借主はその使用料(リース料)を支払うという契約のこと。賃貸借が比較的短期間の間に不特定の人物に次々と賃貸されるものに対し、リース契約はその人物との契約が切れても他の人物にまわることはない。リース契約は主に店舗の賃貸借において行なわれており、店舗の貸し出しだけに及ばす、店舗で利用する設備や備品なども含めて貸し出す。メリットとしては、購入と違い賃貸であるので初期コストが比較的おさえられることである。その一方、契約期間中に解約した場合には賃料の何%かの違約金を支払わなければならないという規約もある。国内においてはファイナンスリース業者がこのサービスを提供している場合がほとんどだ。

  • リース建築

    (リースケンチク)

    リース建築とは、土地の有効活用のためにアパートや賃貸マンション、貸店舗・ビルなどの不動産賃貸建物を建築し、賃料による収入で利益を図ること。リース建築を経営することにより、使用していない土地の有効活用ができる他、固定資産税、減価償却費による所得税、債務控除による相続税の軽減といった節税や、安定した収入が得られるというメリットがある。リース建築経営をするにあたり、リース建築にかかわる不動産業者に委託するのが一般的。事業計画、設計から施工、入居者様の仲介業務などすべての業務を請け負う。契約の満了と同時に契約が終了する賃貸借制度である定期借家権制度の施行により貸主と借主の間で契約期間を自由に設定できるため、借主にとっても更新料の支払いが不要となるなどの利点がある。

  • リースバック

    (リースバック)

    リースバックとは、「セール&リースバック」の略称。ローンの支払いが不可能となった土地や建物を、個人投資家や投資会社などにいったん売却し、新たな貸主となった個人投資家や投資会社と賃貸借契約を結び賃料を支払うことで、その土地や建物を継続して利用し続けることを意味する。リースバックは周囲に事情を知られることなく、今まで通り土地や建物を利用することができ任意売却の発展系とも言われる。ローンの支払いが不可能となっても、売却して得た資金によって賃料の支払いが可能となるため、負担が軽減される他、資金が貯まれば再び買い戻すことも可能だ。買い戻しの時期は、賃貸借契約終了後5年以内が目安とされている。

  • リーフレット

    (リーフレット)

    リーフレットとは、宣伝広告のための折りたたみチラシのこと。リーフレットが折りたたみの1枚物の印刷物であるのに対し、何枚かで構成された印刷物のことをパンフレットと言う。リーフレットはA4サイズを3つ折りにした物が取り扱いもしやすく、一般的である。表ページと裏ページ、そして中面と情報をブロックごとに分けることが可能で紙面をフルに活用できるため、情報量も多く掲載できるのが特長。不動産業者のリーフレットには主に事業・サービス内容や会社情報、実績などが記載されていることが多く、業者店舗の窓口付近にあるリーフレットスタンドに置かれている場合が多い。賃貸あるいは売り物件の間取りや賃料などの情報を載せた1枚のチラシも不動産業者の広告として一般的である。

    リーフレット
  • 利益率

    (リエキリツ)

    利益率とは、売上高から売上原価を差し引いた総利益が、売上高の中でどれくらいの割合を占めるかをパーセンテージで表した数値のこと。利益率の計算方法は、総利益(売上高-売上原価)÷売値である。不動産は一般的な商品と比べて原価の高い商品であるため、不動産売買を取り扱う業者は、不動産の売り上げが良ければ、たとえ利益率が低くても大きな利益を生むことができる。さらに、不動産売買は仲介のスタイルを取ることによって、一般的な住宅やマンションの場合売買代金に加え、仲介手数料も得ることが可能だ。都市部の不動産業者の場合、売買仲介の方法を採るほうが元手も人数もいらず、仲介手数料がすべて総利益となるため、利益率は高い。

  • 陸屋根

    (リクヤネ)

    陸屋根とは、屋根の形状のひとつで、傾斜の無い平面状の屋根のこと。「平屋根」とも言い、ビル、マンションなどの高層建築物に多く見られる。なお、陸屋根の“陸”とは、平坦、水平などの意味だ。陸屋根には瓦を葺かないため、建設コストを抑えることができ、屋上スペースを活用して太陽光発電を設置したり、屋上庭園を設けたりできるなどのメリットがある。従来の木造住宅では、陸屋根は雨漏りしやすいことなどを理由に、ほとんど採用されてこなかった。また、防水技術等の進歩により、木造住宅でも陸屋根を設置でき、屋上に菜園などを作ることも可能に。豪雪地帯では落雪事故防止のため、鉄筋コンクリート構造の陸屋根住宅が増えている。

  • リサイクル法

    (リサイクルホウ)

    リサイクル法とは、有効な資源や廃棄物などの分別回収や再資源化、再利用について環境省が定めた法律のこと。リサイクル法はその目的により家電リサイクル法や自動車リサイクル法、建設リサイクル法など数種類の法律に分類されている。例えば、建設工事により排出された廃棄物の再資源化は、建設リサイクル法に該当。建設リサイクル法では、解体工事や新築工事等に伴うコンクリートや木材、アスファルトなど、特定の建設資材から排出される不要になった物を有効活用するために、受注者に再資源化を促進することを義務付けた法律である。廃棄物を適正に処理することにより、環境維持ならびに経済を堅実に発展させることを目的としている。

  • リサイクル法

    (リサイクルホウ)

    年々深刻化してくる廃棄物の増量に対処するため、有効な資源活用を掲げた法律のこと。
    分別回収しやすいよう、材料表示や廃棄物の再資源化、副産物の利用促進をうたっている。
    関連法律には、「家電リサイクル法」・「建築資材リサイクル法」・「食品リサイクル法」などがある。

  • リスク/リターン

    (リスクリターン)

    リスクとは投資において将来の価格変動が予測できない不確実なことを言い、リターンとは投資を行なうことで得られるであろう収益のことを言う。不動産投資においてのリスク/リターンは株式投資ほど高くなく、投資資本に対しそれなりのインセンティブを期待できるため、ミドルリスク・ミドルリターンと言える。不動産投資の他には上場リート、金投資などもこれに該当。株式投資や先物取引などは上手くいけば大きな収益が期待できる代わりに、専門的な知識や情報収集能力がないと失敗するリスクもあることからハイリスク・ハイリターンである。定額貯金などの預貯金は収益はそれほど期待はできないが、確実に投資資金が還るためローリスク・ローリターンだ。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(不動産用語集)の50音検索「り」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業