土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営システムは4つの事業システムから選べます。

NISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]の概要

NISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]の概要

ここではNISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]の具体例について解説します。

NISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]の具体例

例えば、2014年に100万円を使って、A社株に投資したとします。5年後の2019年に、A社株の株価が1.5倍となり、資産は150万円になりました。この結果50万円の儲けとなり、通常であれば、この50万の利益に対して20%(10万円)が税金として引かれますが、日本版ISA口座で取引をしていれば、無税となり、10万円得したことになります。
投資信託の場合は、基準価格が上昇した分から払い出される「分配金(普通分売金)」と売却したときの「値上がり益」が非課税になります。

2014年から導入されたNISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]につきまして、導入時のメリット・デメリットや活用方法等の情報をお届けします。