土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営システムは4つの事業システムから選べます。

NISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]の概要

NISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]の概要

ここでは「非課税投資額が毎年上限100万円、非課税投資額総額500万円」の具体例について解説します。

非課税投資額が毎年上限100万円、非課税投資額500万円の具体例

2014年1月から、 毎年上限100万円の非課税投資枠を使った投資ができます。非課税期間はそれぞれ5年目の年末までです。
2014年から毎年100万円ずつ非課税投資枠を使うと、2018年の年末には投資枠の利用額は最大500万円になります。
この投資金額500万円分までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税となります。

2014年から導入されたNISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]につきまして、導入時のメリット・デメリットや活用方法等の情報をお届けします。