土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営システムは4つの事業システムから選べます。

NISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]の概要

NISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]の概要

ここでは「2014年に投資をして非課税期間の5年が経った場合」の具体例について解説します。

NISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]の具体例

2014年に100万円を投資した場合、非課税期間の5年後(2018年末)には非課税措置が切れますが、100万円までなら2019年から再び5年間は非課税扱いとして繰越すことができます。
つまり、翌年の2015年に80万円を投資した場合は、5年後の2020年に80万円を移行することができ、2016年に90万円を投資した場合は、2021年に90万円と順に移行することができるということです。

例えば、2014年に100万円(A社株50万円・投資信託Aファンド30万円、B社株20万円)投資し、一部の株(B社株20万円)を途中売却、5年後の2019年に50万円の値上がり益があった場合は、50万円を特定口座・一般口座(課税口座)に移し、残り80万円分は2019年分の非課税口座に移行して、非課税とすることができます。また、残りの20万円分の枠は新たに購入することが可能になります。

逆に、60万円まで値下がりした場合は、60万円は引き続き非課税として、新規に40万円分を投資することができます。5年で投資枠を打ち切り、特定口座・一般口座に移すことも可能ですが、繰越制度を使えば、最大10年間は非課税の恩恵を受けることができます。

2014年から導入されたNISA(ニーサ)[少額投資非課税制度(日本版ISA)]につきまして、導入時のメリット・デメリットや活用方法等の情報をお届けします。