建築施工技術マニュアル サイトマップお問合せ

1.外壁
下のリストボックスから項目を選択すると、各項目へジャンプすることができます。
写真をクリックすると大きい写真を表示できます。
  [1] 製造方法
    ALCは、硅石・セメント・生石灰を主原料とし、発泡剤アルミ粉末と安定剤、水を混合し、高温高圧(180℃,10kg/cu)で蒸気養生した軽量気泡コンクリート(Autoclaved Light-weight Concrete)の頭文字をとった呼び名で、防錆処理を施された鉄筋により補強されている。

  [2] ALCの特徴
  多孔質で、断熱性が高く、熱伝導率はコンクリートの約1/10、重さはコンクリートの約1/4である。
  圧縮強度は30kgf/cu(294N/cu)以上と低いので、集中荷重・衝撃を受ける場所への使用は避ける。
  ALCパネルは、吸水性が大きいので、雨がかり部分や接合部の防水・防湿処理が必要である。
  ALCパネルは、プレキャストパネルの為、入念な施行計画を必要とする。

  [3] 注意事項
  作業については足場、脚立を使用しての高所危険作業中心となるので、安全保護帽、安全帯の着用を徹底し、安全に十分配慮しなければならない。
  資材の落下、墜落防止に留意し、必要な安全対策を講じる。

  [4] 搬入
    資材の搬入、取り込み、荷揚げ、パネルの取付けに際してやむを得ず仮設足場の控え金物など一部解体、撤去する場合には監督員と協議し、安全上支障がない事を確認した上で行なう。また復旧については必ず報告し、監督員の確認をとる。

  [5] 近接配慮
    パネルの穴あけ、切断加工時に排出する粉塵は、風によって舞い上がり雨によって土と混ざり合うので、近隣に迷惑の掛からないよう十分養生すると供に、随時清掃を徹底すること。


 
 ALC  

100ALC バルコニー側
  [1] 品質
    ALCパネルは、JIS A5416の規格に合格するものとする。

  [2] 製造メーカー
    使用メーカーは、クリオン(H12.7.1に日本イトン工業、小野田ALC、日本シポレックス工業が合併)、旭化成又は、同など品以上とする。

  [3] 使用材の厚さ
    一般に厚み50、100、125mmのパネルを使用する。      
 
ALC 50
 
ALC規格

 
  [4] 品質(外観)
 
 
品質(外観)

 
  [5] 納期は厚み100mm以上のパネルでは、規格品、標準品であっても業者の提出する施工図、版割付け図を承認してから納品まで約40日かかる。


  [1] ALCパネルは、直接工場より荷揚げするので、運搬車から施工場所までの積替え、小運搬などの回数をできるだけ少なくする。
  [2] 小運搬に際し破損など十分に注意する。
  [3] パネルの保管に際しては、まくら木を2点支持で使用し、積上げ高さ限度(1段当たり1m以下、総高2m以下)を守り、ねじれ・反り・ひび割れなどがないように注意する。
  [4] 汚染・吸水などがないようにシートなどで養生を行なう。


 
まくら木

  [1] パネルの切断
    1.

原則として行ってはならない。

    2. パネル厚100、125のみに限り、幅600mmのパネルで250mm、長さは340mmまで切断できる。
    3. 長辺の切込みは主筋を切断しない範囲でのみ可能である。

  [2] パネルのみぞ堀
    1.

原則として外壁パネルにおいて、パネル1枚当たり1本、かつ、幅30mm、深さ10mm以内の範囲とする。

    2. 屋根パネル及び床パネルにおいては行ってはならない。

  [3] パネルの孔あけ
    1.

パネル内の鉄筋を切断せず、かつ鉄筋を露出しない範囲で3ヵ所以下とする。

    2. 外壁においては、長辺・短辺方向とも孔の直径の合計が150mm以下とする。
    3. パネルの両端からパネル長さの1/4の範囲内は孔あけはできない。
    4. 孔と孔の間隔は50mm以上必要である。

 
 
外壁(間仕切壁)パネルの加工限界

 

  パネル取付け金物およびその他の金物は、充填用モルタルなどで十分保護されるものを除き、錆止め塗料を塗るなどで有効な防錆処理を行なう。
 

パネルの加工などで露出した鉄筋にも同様な防錆処理を行なう。



 
防錆処理

  [1] 使用セメント
    セメントは、JIS R5210(ポルトランドセメント)の普通または早強ポルトランドセメントに適合するものとする。

  [2] 調合
    モルタルの調合は、セメント:砂の割合を1:3(容積比)を標準とし、パネルの接合部の目地などへの充填に適した流動性を有するものとする。


 
  [1] シーリング材の特徴と選択

 
 
シーリング材選定の目安

 
  [2] 雨がかり部のシーリング
    雨がかりとなる外壁パネル間の目地部およびパネルと他材との取合い部などにはシーリング材を充填する。

  [3] プライマー処理
    シーリング材充填箇所は、プライマー処理を施す。

  [4] シーリング材
    パネル間の目地部に用いるシーリング材は、パネルの表面強度が小さいので低モジュラスタイプのもので、JIS A5758(建築用シーリング材)に適合する変成シリコーン形、アクリルウレタン系、ポリウレタン系およびアクリル系のシーリング材を用いる。


 
  [1] 外壁工法と概要
 
 
ヘーベル外壁構法一覧(31m以下の閉鎖型建築物を対象)
ヘーベル外壁構法一覧(31m以下の閉鎖型建築物を対象)

 
  [2] 建て込み方向
    外壁パネル100mmの建込みは、縦壁と横壁があるが、当社では縦壁とする。

  [3] 縦壁工法
    縦壁には、そう入筋構法と、スライド構法がある。
    1.

そう入筋構法とは、パネル長辺相互の縦目地空洞部に取付け金物を介して鉄筋を挿入し、この空洞部にモルタルを充填することにより躯体に取付ける構法である。

    2. スライド構法とは、パネル下部にはパネル長辺相互の縦目地空洞部に取付け金物に固定した目地鉄筋を挿入し、上部は面内方向に可動となる金物を取付け、この空洞部にモルタルを充填することにより、躯体に取付ける構法である。

  [4] 隙間充填
    パネルと梁・柱・床・壁体などとの取合わせ部分の隙間は、モルタルまたはロックウール(耐火目地材)などを充填する。

  [5] エキスパンド目地
    パネル短辺接合部の横目地及び出隅・入り隅の縦目地は、パネル間に10〜20 mmのエキスパンション目地を設ける。


 
  [1] 工法
    胴縁にタッピングねじで取付けるタッピングねじ工法で施工する。パネルを固定するタッピングねじは、所定の性能を有する(木下地用、鉄骨下地用)タッピングねじを使用します。

  [2] 打ち込み深さ
    タッピングねじは、パネル表面から7〜10mmの深さまで打ち沈め、ねじ頭は専用のパテで補修する。

  [3] 下地取付
    下地胴縁はパネルの長辺と直角に交わるように設ける。

  [4] 下地間隔
    下地胴縁の間隔はパネルの許容荷重により決定すること。

  [5] パネル工端部の下地取付
    パネルの短辺接合部の胴縁は二本使いとし、パネル端部の受け代を確保する。

  [6] クリアランス
    胴縁は躯体との間10〜30mmのクリアランスを設け、躯体の建て方誤差を吸収する。

  [7] パネル割付
    パネル割付は600mmの倍数を基準とする。割付上、切断して用いる場合は、施行時の亀裂防止のため巾150mm程度以上とする。

  [8] パネル持出しの禁止
    パネルの持ち出しは原則として避ける。止むを得ず持ち出しとする場合は、長辺方向に限り150mm以内とする。

  [9] パネル切断時の注意
    パネル切断時は加工限界寸法に留意し、コの字形、L字形切断においては、最小切断巾(300mm)以下となる場合は、巾狭部を縁切りとする。

  [10] 突き付け施工
    パネル一般部の目地は、突き付け施行とする。

  [11] その他
  手すり、看板雨樋受けなど荷重のかかるものは、パネルに直接取付けず、必ず下地胴縁で支持する。
  パネルを貫通する設備配管や鉄骨などとの取合い部は絶縁工法とし、シーリングをする。
 
専用パテ