土地活用の東建コーポレーションの人事ブログ

人事ブログ

  • 小
  • 中
  • 大

東建コーポレーションの求人や社員教育に関する情報をご紹介する「人事ブログ」。
弊社の人事採用担当が日々の出来事で感じたことを人事と絡めながら語ります。 就職活動に役立つ情報も満載ですので、ぜひご覧下さい。

2013/07/02

研修に参加して思う事  求人情報ブログ

担当:教育研修課

こんにちは、首都圏事業ブロック教育担当責任者のS・Hです。


関東地方は、7月に入り、
そろそろ蝉の声が聞こえ出すのではないか?
と思うぐらいの暑さになってきました。


我が家の向かいの中学校では、
プール開きも済んだらしく、プールサイドで、
はしゃぐ子供たちの声が、聞こえてきます。


私も、この7月で、教育担当責任者を拝命し、
早くも3ヵ月が過ぎました。


先日、愛知県刈谷市にて、
新任教育担当責任者研修の一部のカリキュラム内で、
中途採用の方々と同席の上、中途採用者の本社研修を
受講する機会がありました。


30〜50歳代(中途採用)の方々が、
研修を必死に臨んでいらっしゃる姿を見て、
私も、『今以上に、もっと頑張らなくては!』と強く思いました。
画像 

当社の中途採用社員の研修スケジュールは、
@ 入社後、2週間以内に3泊4日の本社研修
A 2ヵ月以内に、所属事業ブロックでの5日間の研修
B 所属事業所でのOJT研修
という順序で、「初心を学び、応用を身に付け、実践で学ぶ」
研修内容になっています。

ちなみに、本社研修は、
開校式から始まり、オリエンテーション、自己紹介等が終わると、
会社・業務の基本知識を習得するための研修に入ります。
本社研修の前半2日間は、
会社概要や、就業規則の解説、営業職の業務内容・基礎知識、
マナーや技術、パソコン操作の基本等を中心としたカリキュラム。
3日目以降は、理解度確認テストや、営業活動をイメージした
ロールプレイング実践研修等を中心としたカリキュラムになっています。


私も、自身の入社当時と、中途採用の方々を重ねながら、
「指導する立場」として、新人営業部員の方を成功に導くために、
何ができるかを真剣に考えて、業務に励んでいきたいと思います。
画像 


当社に入社を検討されている方は、安心して、ご応募ください。
我々、教育担当責任者が、しっかりとサポートさせて頂きます。
また、現在、全国で随時『会社説明会』を開催しています。
ぜひ、ご参加下さい。
お問合せは『コチラ

 

2013/07/01

人生初の就職活動  求人情報ブログ

担当:教育研修課

こんにちは。『南関東事業ブロック』教育担当のM・Tです。
当社の人事ブログをご覧頂き、ありがとうございます。


さて、本日のブログは、私の自己紹介から。
出身地は、東京都世田谷区。年齢は39歳。
私は、前職が『シェフ』で、世田谷区の「三軒茶屋」でお店を経営していました。
一緒に働いていた母の体調が悪化したため、
やむをえず、店を閉めることになりましたが、
今まで、『経験したことのない職種に、チャレンジしよう』と決め、
当社に入社しました。
画像


当社へ応募した時の、情景は、今でも鮮明に覚えています。
「東京国際フォーラム」にて、就職企業展が開催されていた時に、
その就職企業展に参加したところ、様々な企業が出展されており、
パソコンや、スライドを駆使し、レーザーのペンライトなどで、
企業説明していました。


その中でも、当社のブースは、とても大きく、
ブースに参加されている、求職者の人数も多く、とても目立っていました。
また、企業概要や、勤務体制・給与・賞与なども、
パソコンで駆使された、プレゼンテーションであり、
視覚的にも、聴覚的にも、とても分かりやすい内容でした。


求職者に対して、こんなに、丁寧に、説明してくれる会社なら、
「一緒にお店をしていた、お袋も安心してくれるな」と感じました。
しかし、不安がひとつありました。
それは、会社で働いた経験が一度もない事です。
当時34歳で、ネクタイすら、締めたことがありませんでした。
ずっと、コックコートとスカーフしか巻いたことがありません。


当時、ブースで説明されていた採用担当者に、
一般企業で働いたことがないことを話しました。


採用担当者からは、
「当社は、未経験でも、本人のやる気さえあれば、
誰でも『夢を実現できるチャンス』が平等に与えられますよ」
と説明してくれました。
また、この仕事は「地図」に残る仕事です。と伝えられ、
私は、この言葉に共感し、入社を決めるきっかけになりました。
画像 


当社にご興味のある方、人生を変える転職にチャレンジしたい方がみえましたら、
ぜひ、全国で随時開催中の『会社説明会』に、ご参加ください。
入社後は、我々、教育担当が、責任をもって、
導いていきますから、ご安心ください。
現在、性別、年齢を問わず、営業職・仲介職の社員を積極募集しています。
お問合せは『コチラ


 

 

2013/06/28

ピアノの思い出  人事ブログ

担当:人事採用課

こんにちは、南九州事業ブロック採用担当のK・Sです。
早速ですが、下記の写真は、何だと思いますか?
画像

正解は、我が家のアップライト型のピアノの内側部分です。
家の中が、手狭になったので、
引き取り先をみつけて、運び出してもらいました。
行き先は、息子たちが、お世話になった保育園。


今では、古くなった、このピアノも、
当時は、「ビートルズのLET IT BE」や、
「エルトンジョンのYOUR SONG」などを
ピアノで、弾き語りしたくて、中古で購入したのですが、
練習嫌いの私が、うまく弾けるはずはなく、
結局、自分が弾ける程度で、
オリジナル曲を作って、唄うことに使いました。


また、元々、持っていたフォークギターや、シンセサイザーに、
リズムボックスと、録音機材を充実させ、
山下達郎さんのように、コーラスも加えての多重録音もしました。
画像

当時は、この写真のように、テープデッキが主流でした。
それを、カセットテープに取り込んで、
ドライブのお供にしていました。
実は、その中の1曲が、今でも地元のFM局や、
TVのCMとして、流れています。
もちろん、TVやFMから聴こえてくる歌と演奏は、
プロがアレンジしています。


たった、10秒程度ですが、
以前、勤務していた建設会社の注文住宅CMとして、
現在も、使用されていることは、とても誇りに思っています。


また、今から30年前、私の結婚披露宴で、
会社の同僚全員が、余興で、この曲を、
フルコーラス唄ってくれたのは、今でも、大切な思い出です。


残念ながら、著作権は取得していなかったので、
1円も入ってきませんが、
音楽好きに育った二人の息子たちも、ラジオで、
このCM(曲)が流れると、友人に、自慢しているようです。


実は、当社の営業職も、同じような感情を抱くことができます。


アパートや、賃貸マンションのご契約をいただき、
物件が完成すれば、以前は何も無かった土地に、
多くの人(家族)が暮らし、時が流れていきます。
きっと、一つの契約、一件の賃貸マンションが、
大切な思い出となることでしょう。
画像

当社に興味を抱かれた方は、
全国で随時開催中の『会社説明会』に、ぜひ、ご参加下さい。
採用担当者が、丁寧に企業説明を致します。
お問合せは『コチラ


 

 

2013/06/27

知っておくべき知識と伝えるべき知識  企業ブログ

担当:教育研修課


いつも当社の人事ブログをご覧頂きありがとうございます。


教育研修課のT.Nです。


 


最近は本当に日が長いですね。


そのせいもあって、我が家の2歳半になる娘が
近所の子供たちと晩御飯の直前まで
遊んでいます。


たまたま、我が家、お隣さん、お向かいさん、斜向かいさんの4軒の子供たちが


全員同じ学年ということもあって、とっても仲良く遊んでいます。


私の娘ですが、喋りもかなり達者になってきて「今日は○○くんと△△ちゃんと遊んだの!」と


うれしそうに報告してくれます。


まだ言葉が話せない頃は、自分の感情をうまく伝えられずに泣き出してしまったり


駄々をこねることもあったのですが、


言葉を話せるようになってからは、そんなことも減ってきたように思います。



『言葉で思いや感情を伝えることができる』とっても素晴らしいことですね。

画像

話は変わりますが、私たち教育研修課は学卒で入社した方、また中途で入社した方に対して


新入社員研修を行なっております。


研修生の皆さんは知識をたくさん吸収しよう、また研修についていこうと真剣に


取り組んでおられ、研修が終わった後も翌日のために予習・復習を頑張っているようです。


 


また、研修のカリキュラムには知識研修だけでなく、


ペアワークやロールプレイングの時間を多くとっています。


このロールプレイングとは、お客様との会話の場面を想定して、講師がお客様役、


研修生が営業部員を演じ、疑似体験を通じて理想的な応対を体得する訓練です。


役割演技(やくわりえんぎ)と訳され、略称で「ロープレ」などと呼ばれます。


ロールプレイングを行なっていて、つくづく感じることは


「覚えた(インプット)知識を相手に解りやすく伝える(アウトプット)」ことの難しさです。


これは想いや感情を伝えたい子供と同じように、大人であっても案外難しいものです。


 


例えば、お客様にお話をするのであれば、その前提として持っていなければならない


知識は多くあるのですが、それを全てお伝えしてしまうとお客様は混乱し、


かえって理解しづらくなってしまいます。


しかし、必要のない知識かと問われれば、決してそうではありません。


ですから、自分の知識をどこまでお客様にお伝えするか?ということは


難しいことですが、自分が持っている知識の中から必要なものだけを選択して、


お客様にお伝えすることが大切であると言えます。


 


また、どんな言葉を使って、どれだけ分かりやすくお話するか?という点も大きな


ポイントです。自分が持っている知識を出来るだけ噛み砕き、専門用語を誰でも


分かるような言葉に代えるなど、できるだけ簡単な言葉でお客様にお伝えするという


配慮も必須です。


 


これらは、たとえ理解していても、とっても難しいと感じますが、マスターするためには


実践を多く積むか、練習を数多くこなす事が必要だと思います。


そして、第三者に見てもらって良い点、悪い点について指摘を受けることも効果的です。


 


「自分は営業経験が無い」「口下手で上手く話せない」と思っている方も


当社の研修ではこれらの「体感できるカリキュラム」を数多く設けておりますので


ご心配は不要です。


不安があるかもしれませんが、一度当社の扉を開いてみてください。


我々は、皆様を全力でバックアップさせていただきます。


 


現在、当社では、性別や年齢を問わず、営業職・仲介職


の社員を積極募集しています。


お問合せはコチラ

画像

 

2013/06/26

メンタルの重要性  企業ブログ

担当:教育研修課

こんにちは。北九州事業ブロック教育担当のD・Nです。
九州に、今年も、とうとう「台風シーズン」が到来しました。
台風が近づくと、一日中、天候が悪いため、
気持ちも「どんより」します。
画像 


さて、話は変わりますが、
皆さんは、「FIFAコンフェデレーションズカップ」の
サッカー試合をご覧になられましたか?


今回は、ブラジルで開催され、わが国、「日本」も出場しましたが、
1勝もできずに、終わってしまいました。
TV放送は、夜中や、朝方でしたが、眠い目をこすりながら見ていました。
しかし、サッカー選手の華麗な動きを見ると、
目がさえて、夢中になって、見入ってしまいました。


サッカーだけでなく、スポーツ全般に言えることですが、
試合の勝敗は、体力や、技術は、もちろんのこと、
メンタル面も、大きく影響します。
それは、見ている側にも、伝わってきます。


6月20日の「日本 対 イタリア」戦は、
特に、象徴的だったと思います。
試合内容は良くても、勝てない日本と、
試合内容は悪くても、勝つイタリア。


この両国の差は、経験もありますが、
それ以上に、メンタルの差であったと、私は思います。
内容はどうであれ、何が何でも勝つ!
という気持ちが、イタリアの方が、勝った結果だと思います。


技術等が、拮抗している場合、特に、決め手となるのは、
気持ちである、と改めて痛感しました。
画像 


これは、仕事(営業職)に関しても、同じことが言えると思います。
強い気持ち=「契約を取りたい」「このお客様のために、何か役立つことをしたい」
を持っている営業社員の動きは、何か違うものがあります。
ただ、言われて、淡々と仕事をしている人とは違い、
自発的に動き、気持ちを伝えることで、まわりの人も、
自然と協力してくれるようになります。


当社には、このように強くて、熱い気持ちを持った、
営業社員が多く在籍しています。


皆さんも、当社の営業社員として、一緒に働いてみませんか?


少しでも、興味がありましたら、
是非、全国で随時開催中の『会社説明会』に、ご参加下さい。
採用担当者が、丁寧に企業説明を致します。
現在、性別・年齢を問わず、営業職・仲介職の社員を積極募集しています。
お問合せは『コチラ
画像 

 

求人情報
全国不動産会社検索
東建ホームメイトカップ
東建グループ公式姉妹サイト

東建コーポレーション株式会社の人事・教育スタッフによる「人事ブログ」では、人事活動や教育活動から日々の出来事までを語ります。
東建コーポレーションという会社をもっと知って頂き、もっと身近に感じて頂くために、人事・教育スタッフが頭をひねって、様々な視点で話題を発信しています。土地活用のコンサルティングという難しい仕事だからこそ、充実した教育・研修制度で、一人ひとりをしっかりとサポートしている弊社を知って頂く機会になれば幸いです。弊社の求人イベント情報の参加や会社説明会など、求人募集情報も状況に応じて発信していますので、ぜひチェックしてみて下さい。
東建グループの各種ブログと併せて、「人事ブログ」もぜひご愛読下さい。